「似合う色」にこだわりすぎてませんか?

こんにちは、ブログ担当・林です。

 

以下は、パーソナルカラー診断をとある場所で受けた

とある方の体験談です。

 

「カラー診断をして、

『似合う色』にこだわりすぎてしまった結果、

自分らしさが何なのか、

本当にこれが似合っているのかが、

分からなくなってしまった・・・」

 

・・・・・・・

 

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

 

せっかく、自分をキレイに見せたい!と

決意してカラー診断を受けられたのに、

洋服選びに迷いが生まれてしまったようです。

 

とても、もったいないことですね(゚-゚;)

 

世の中にはたくさんのパーソナルカラーリストさんがいらっしゃって、

たくさんのカラー診断方法が世の中にはあります。

 

color2

 

ベルヴェールの長尾なお子は、

1,000人以上のカラー診断とスタイリングを行ってきました。

その中で発見した、揺るぎない「方程式」があります。

(ベルヴェールでは、「色とカタチの方程式」と呼んでいます)

 

パーソナルカラー診断をすると、

確かにその方に一番似合う色、苦手な色がわかります。

 

ベルヴェールでは、

「色がわかったからハイおしまい!」ではありません。

大切なのはここから。

 

 

カラー診断の結果をファッションに取り入れるとき、

一番大切なポイント・・・・

それは、

「似合う色そのものよりも、

似合う色から判明した似合うイメージ(「デザイン」や「素材感」や「コーディネート術」など)を重要視して取り入れる」こと。

 

言うまでもありませんが、

ファッションの色使いは似合う色だけでなく、

「TPOに合わせたコーディネート」が大事です。

 

「ショッキングピンクが似合います!」と診断されたからといって、

毎日ショッキングピンクばかり着ていたら、

まるでどこかしらのゆかいなタレントさんですよね(゚-゚;)

 

 

似合う色が判明することで、その方程式から、

似合うファッションイメージが判明します。

 

例えば、

・似合うファッションのデザイン

・コーディネイトや色合わせ、模様感

・生地感や素材の雰囲気

・ネックスタイルの開き具合

・ヘアスタイル

・メイクイメージ

 

こんなことが「似合う色」からわかっちゃうんです。

 

ベルヴェールでお伝えしているのは、

「カタチ(=イメージ)8割:色2割」ということ。

 

コーディネイトは、「似合う色」そのものよりも、

「似合うイメージ」の方が重要なのです。

 

だから、どちらかというと得意でないカラーでも、

素材やお洋服のカタチ、コーディネートの仕方によっては、

ちゃんとステキに着こなせたりします。

 

だから、

「似合う色にとらわれすぎる」ことは、もうやめましょう。

そして、「似合うイメージ」を大切にしてみませんか?

 

もっとお洋服選びに幅が出て、楽しくなるハズです。

もっとあなたらしさがイキイキと現れてくるハズです。

 

そして、

『自分の見た目を好き』になりましょう。

『自信を持って』みましょう。

 

見た目への自信は、侮ることのできない、心への大きな栄養になりますからね^^

10年後も20年後も、あなたは内側から輝けます。

 

★ベルヴェールのパーソナルカラー診断

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
オンラインショップ
会社概要
メディア掲載実績
長尾なお子講演実績
長尾なお子ブログ