「紫外線なんて、気にしな〜い」?!

温かい日が増えて、日中は半袖の方を見かけることも多くなりましたね。

さて、そうなると気になるのが、紫外線。

 

ca55769f7f7292ce58f4f2d0e131758b_s

 

といいつつ、子育てが始まってから

紫外線ケアそっちのけのブログ担当・林です。

 

真夏は子どもと共に真っ黒肌な生活を送っていますが、

本当に「時間がなくて〜」の言い訳で済ませていいのか?!

私と同じくちょっと不安なあなた。

私と一緒に「紫外線はコワイのか?」カンタンに復習してみましょう。

 

(1)紫外線は、初夏の5月から7月に1番多く降り注いでいます!!

5月といえば、まもなく!!

なんと今すでに、マックスの状態にむかっているところですよ〜〜

暑くなってから「そろそろ何か対策・・・」は、遅いようです。

 

(2)日焼け止めの選び方、合ってますか?

紫外線予防に欠かせない日焼け止め用化粧品。

これらにはその効果の度合いを表す数値などが表記されています。

これを理解して使わないと、塗ったのにトラブルが起きた!

なんてことも…

・「PA」…紫外線の90%を占める、UVAの防止効果を表します。

日焼け止め製品の効果は、「PA+」〜「PA++++」の4段階で表し、プラスが多いほど防止効果が高いです。

肌は、外側から「表皮」—「真皮」—「皮下組織」という構成になっています。

UVAが皮下組織まで到達し、長時間浴び続けると、組織の変性によって深〜〜いシミやシワの原因に…!

できれば、年を重ねてもシミ・シワは少なめがありがたいです…

 

・「SPF」…UVAの1000倍近い刺激をもつUVBの防止効果を表します。

UVBがお肌の「真皮」の上部まで侵入すると、お肌は炎症を引き起こしてしまいます。

強い日差しの日にずっと外にいたりするとできる、ヒリヒリする日焼けです。

痛いですよね(><)

しかもうUVBを浴びた際には、「細胞膜」や「核の中のDNA」を傷つけてしまう「活性酸素」が、皮膚の表面や内部に発生してしまうそうです。

お肌、ボロボロ!

 

日焼け止め製品の効果は、

SPF1=20分が目安。

SPF30なら、600分つまり約10時間効果があるということ。

 

SPF50が最高ですが、数字が大きくなると肌への負担も大きくなる製品も多いので、

必要以上に数字が高いものを選ばないよう注意が必要です。

 

ただし、 汗などで日焼け止めが落ちやすいときは、こまめな塗り直しが大切だそうですよ〜!

 

こうしてカンタンに書き出してみただけですが、

やっぱ「忙しい〜〜」の一言で日焼け止めを塗らないのは、ちょっと未来の自分がかわいそうになってきました(^^;)

忙しくても明日から、ちゃんとケアします!!

 

 

☆ベルヴェールオススメの日焼け止め♪

「M21化粧品シリーズ UVスキンカバー」は、

汗や皮脂にも強く紫外線防止効果もある美容液。

お肌もつるんっと☆キレイ☆に仕上がるので、オススメです♪

ぜひ、チェックしてみてくださいね!

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
オンラインショップ
会社概要
メディア掲載実績
長尾なお子講演実績
長尾なお子ブログ