〈シリーズ〉色の意味を知る③ 〜緑〜

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
長尾です。

 

色の効果。
今回は「緑」についてです。

 

640-640green

 

【緑】

癒しの緑。
中立性の緑。
平和の緑。
 
緑には癒しや優しさを感じるイメージがあります。

 

 
 
『赤』『青』の説明でも触れましたが、
色は波長であり、波長の長さによって、身体に与える効果・影響が違います。
それ故、色には誰もがなんとなく感じる共通のイメージがあるのです。
 

 

 
緑の波長は長さで言うとちょうど中間。
色の中では中波長に当たりますが、
 
その実、中波長には、体の筋肉緊張を和らげるという効果があります。

 

人は『赤』や『黒』を見た時や、赤色や黒色に囲まれた時よりも、
『緑』を見たり、『緑色』に囲まれた時の方が、
筋肉がリラックス状態になり弛緩します。
 

 

『目が疲れたら、外の緑を見ると疲れが取れる』
『リラクゼーションサロンのwebサイトやイメージカラーには緑が多い』
 
言われてみれば納得の色使いが世の中にはたくさんあるものです。

 
 
 

また、淡いミントグリーンのシーツやパジャマは、
ゆったり体を休めることができる寝具の色で、身体の疲れやコリを取ってくれます。
インテリアには上手に使いたい色ですね。
 

 

筋肉の緊張を和らげ、体をリラックス状態にしやすい色なので、
安眠効果もありお子様の成長にも効果的です。
 
成長ホルモンは夜出やすいので、
寝室や寝具には淡いミントグリーンはオススメです。

 

また印象アップの似合う色(『パーソナルカラー』)という点で言うと、
緑は苦手、という方も多い色。

 

一口に緑と言っても色々ですが、
どちらかというと似合う人を選んでしまいやすい色でもあります。

 

ビジネスでは、人の悩みや相談を聴くお仕事の方や、部下の相談を受ける日には、
一部に上手に使ってみると、相手の心をより和らげることができます。

 

個別の相談に乗るときなどは向いていますが、
ココゾ!というプレゼンテーション時や契約の際には、どちらかというと不向きです。
やる気や行動力を感じにくい色なので
ネクタイに使用の際はTPOや自分のキャラとのバランスを考えると良いです。

 

次回は「黄色」の効果を書きたいと思います。

 

お問い合わせ
オンラインショップ
会社概要
メディア掲載実績
長尾なお子講演実績
長尾なお子ブログ